スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さつまいも消費に「さつまいもの芋もち」

おひさしー!
さつまいもとかぼちゃの季節になりましたね。
うちではさつまいもを大量に貰ったときは、
さつまいもで芋餅を作ります。
全国標準的には、
いももちといえばジャガイモで作ったもののようですが
それとは別物です。
鹿児島では、さつまいもともち米ときな粉で作った
「ねったぼ」というおもちがあるそうなのですが、
うちの地方では、そのねったぼの中にあんこが入ったものを
いももちと称し、秋から冬にかけて観光地等で売られています。

炊飯器でカンタン・手軽に作れるので、
さつまいもがたくさんある方は、
もち米ときな粉と小豆あんの缶詰を買ってこられると本当にすぐできます。
うちは圧力鍋があるので小豆からあんを作ります。

まあとりあえず、
ねったぼの作り方はこの方に教えてもらいましょか。
手軽に♪ねったぼ♪お餅とさつま芋のおやつ まるごーるさん

ねったぼと違う点

ねったぼにはあんが入っていないので、
おもちに砂糖を入れるようですが、
このいももちはあんこ入りなので、
おもちの部分には砂糖は入れません。
炊くときに1合につき1つまみくらい塩を入れるのと、
もちを成形するときに塩水を手水にするくらいかな。
ひとつ作って味見してみて、塩味がうすいようなら
きな粉にパラパラと塩をふっておくといいかも。

塩辛いのもマズいですが、あまりにも塩を入れないと
それもあんこの甘さを感じられなくて微妙になります・・・

これは私が今朝作ったもの。
もち米2合+さつまいもで小さめのが27個できたとです。
本当はもっと、どしんと大きくて、
1個食べたらお腹いっぱいになるサイズです。

010_201410141114134cb.jpg

もち米の上に、アク抜きしたさつまいもを乗せて
普通の炊飯でスイッチオン
さつまいもの皮は特にむく必要はありません。
きな粉をまぶせば見えなくなりますし。(笑)

007_20141014111408054.jpg

うちの炊飯器で56分後。

008.jpg

炊飯器の釜にキズをつけないように、すりこぎで
おもちをつくというよりは、さつまいもを練りつぶすようにします。
だいたい10分くらい、さつまいもの形が見えなくなるくらいに練りつぶせばOK。

009.jpg

見た目よくないですが、半分に割ったらこんなかんじ。
出来立ては、噛まずとも飲めるんじゃないかというくらい
やわらかいです。
なので、おもちがのどに詰まる・・とかいう心配もあまりないかも。
(とはいえ、油断せず気をつけてください)
しばらくするとしっかりしてきますが、1日後でもかたくないです。
次の日まで残った場合は野菜室に保存してます。

011_20141014111414145.jpg

おはぎを作るのと手順がほとんど一緒ですねー。

ぶきっちょさんでも、1時間もあればできます。
きな粉をまぶすので、すこしぐらいおもちが破れても大丈夫。
成形のときは、おもちらしく平たくしようと思わないで、
丸いボールのように作ってちょうどいいくらいです。
やわらかいので、重力でだんだん平たくなっていきます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pierre小姐

Author:pierre小姐
節約や、ムダを省くアイデアを思いつくまま書いてみます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2089位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
226位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。