FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険は必要か、不要か。その2

私の場合、10年くらい前だったか、
郵便局で、「入院したら7日後から1500円、
終身で、自分は受け取れなくて、100万円くらい葬式代に残せる」
みたいな、めっちゃ小さな保険に入ってました。
で、2012年、別の簡保の保険が満期で200万円くらい戻ってきて、
このお金どないしょー、って感じで1年経過。

で、転勤してきたばかりの郵便局のお姉さんが、
「新ながいきくん 定額型」
というのを、入院一日4500円くらいでどうですか、と、きた。
いま入院1日1500円で入ってるのは入院7日目からですし、
それを解約して、お金を200万円足すと云々。
そして、来月から保険料が上がっちゃうんです、ときた。
なんだかんだ聞いてて、その頃は株をする気も失せてたので、
「じゃあそれで」って感じでどかんと353万円ニコニコ一括払いよ!
(毎月払いだと60歳までで計384万円払うことになるので・・
 株で儲ける自信があるなら月払いにして投資にまわしてたかもですが)


なんか、半分くらいしか理解してなかった気が・・・。
こうやって文章にしてみると
決断の仕方が、たいそう頭の悪いヤツだなワシorz

まあでも、私の場合は60歳以上になると、(一括払いしているので)
解約しても払い戻し金で掛けた分が満額以上で戻ってくるんで、
どえりゃーインフレが来てたら解約するテもあるし。
入院したら1つの病気で入院1日4500円×最長120日間と、
手術したらなんぼか出るし・・・

とかいいつつ、残念ながら、ネットで調べてみると
割高な保険らしいです。

外資のア○ラックとかメッ○ライフなんちゃらとかの
保険にたとえると、月3000円くらいのと同じくらいの保障なので、
350万円預金したつもりで、
利息で保険料3万円払ってるくらいのつもりでいいか・・
とか、
ちゃんと計算もせずに思っています・・・
自分に言い訳してる感アリアリです。

今から入るとしたら、もうちょっと考えるかなぁ・・
でも、こればっかりは損得勘定が難しいですねえ。

病気になるかもしれないし、ならないかもしれない。
事故に遭うかもしれないし、遭わないかもしれない。

これが正解!とかっての、わからないですよねえ。

高額療養費制度ってのもあるし、
お金に余裕が無いのに、生命保険に入るっていうのも
どうかと思うけれど、
でも危険な仕事してるとか、病気がちとかだったら・・
とかもあるし、本当に人それぞれだと思います。

昔、習い事してたトコの先生が、保険にいっぱい入ってて、
首が回らないみたいになってたんですよね・・・
「車を買うのに、保証人っているの?」とか聞く始末。
・・・先生、あなたローンで車買うのね?
っていうのがバレバレでした。。
っていうか車のローン組むのにも普通、保証人っているのか?と思って
今調べてみたら、うーん先生ずっとお金に困ってたもんね・・・って感じやね・・・


かんぽやア○ラックやアメリカンなんちゃら、
県民共済やコープ共済もHPでシミュレーションができるので
色々調べてみて、
自分に合ったものをじっくり考えるのがいいかもですね。
急いで入らなくてもいいかなと。

生命保険には入らない、という選択もまたアリ、とも思います。

が、所得があって税金(国税、市県民税)を払ってるなら、
生命保険控除とかも色々あるので、
そういうの狙いで少し入っておくと節税にはなります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントのお返事ありがとうございました。

確かにお金を捨てるという表現がよくないですね!笑
失礼しました。

まー、保険は入るべきですよね。
何かあったときに治療に専念するためにも!

また、お邪魔しますー。

ストレスフリー節約さん

保険・・・難しいですよねえ。
たくさん入る必要はないと思いますし、
ホントに人それぞれ、ケースバイケースじゃないかなと思います(^_^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pierre小姐

Author:pierre小姐
節約や、ムダを省くアイデアを思いつくまま書いてみます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
1885位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
220位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。